店舗紹介

Double Tall Art & Espresso Bar はエスプレッソバール(イタリア式のカフェバー)を併設したアートギャラリーです。


【1】コンセプト
朝はカプチーノを飲みながらバリスタやたまたま居合わせたお客様と談笑。お昼はエスプレッソを飲みながらアート鑑賞。夜はビールやグラッパを飲みながらパフォーマンスを楽しむ。ビジネス街のオアシスとして、お気軽にお立ち寄りいただける場作りを目指しております。

(撮影:motoaki.)

【2】沿革
当店の前身 であるego Art Galleryは美術や写真、音楽、身体芸術など、あらゆる形態のアートを表現/鑑賞するアートスペースとして2017年9月にオープンしました。それから4余年、全国で8店舗のカフェを展開する ダブルトールカフェのご協力により、本格的なエスプレッソを飲めるアートスペースとしてパワーアップすることになりました。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


【3】過去の主な展示

2018年4月1日~5月8日
写真展「いただきます、ごちそうさま。」写真家/猟師の幡野広志が撮った狩猟写真30点を展示。2,215人の方にご来場いただいた。(撮影:幡野広志)


2019年4月 企画展「鹿のトロフィー展」。画家、イラストレーター、ファッションデザイナー、手芸家など様々な分野のアーティスト27名が鹿の頭骨に装飾。参加作家:橋本仁、高橋杏里、yutaokuda、榊原美土里 他(撮影:猪狩健太郎)


2019年5月25日~6月15日
写真展「未承認国家の肖像・アブハジア。写真家・星野藍が撮影した「アブハジア」の写真34点を展示。(撮影:星野藍)


2019年7月「巡礼の道 Part 01 / Santiago to 熊野」
2019年10月「巡礼の道 Part 02 / Mt. Kailash to 四国遍路」写真家でライターの吉田智彦が巡礼をテーマにした写真展。(撮影:吉田智彦)


2020年1月「アートなこけし展」。37名のアーティストによって「こけし」を現代アートにアレンジ。【参加作家】林貴俊、パルコキノシタ、Madoka Naito、他


2020年8月 企画展「害蟲展」
108の応募作品の中から17作品を厳選。
審査員:丸山宗利、舘野鴻、満田晴穂、他
参加作家:矢野希実、藤原正和、福井敬貴、春日佳歩、ナカミツキ、萩原和奈可、他


2020年10月 写真展「サハリンに眠る日本遺産」。写真家・那部亜弓が戦前の日本の痕跡を追ってサハリンで撮影した写真34点を展示。(撮影:那部亜弓)


2020年11月「アートのるつぼ展」。18名(けみ芥見、樫内あずみ、関山草、山内絵里、miwaxy、毛利田有人、小山さなえ、姫崎由美、野寺治孝、加藤大河他)のアーティストに参加いただき、絵画と写真をミックスしたグループ展。


【4】過去の主なイベント(パフォーマー)

本藤美咲(バリトンサックス奏者)、鈴木清貴(ダンサー)、舩橋陽(ソプラノサックス奏者)、永野沙紀 (ダンサー)、JIN TAKEMOTO (音楽家)、橋本英里(バレーダンサー)、おきももい(ライブペイント)、奈良大介(ジャンベ演奏者)、Sag Chana(演奏ユニット)、Paco Dabo (パーカッション)、水越朋(ダンサー)、小林勇輝(パフォーマンスアーティスト)、後藤ゆう(ダンサー)、たくみちゃん(パフォーマー)、明坂武史(タブラ)、山田みぞれ (朗読パフォーマー)、與那城奨(ミュージシャン)、桂枝太郎(落語家)、粹月(書道家)、木村結香(シンガーソングライター)DJ pinestone(DJ)、Ken Hidaka(DJ)他

【5】過去のプロジェクト

(1)2019年2月26日 写真家 幡野広志のトークイベント
映画館(ユナイテッドシネマ豊洲)で写真家 幡野広志のトークイベント「第3回カメラマンの履歴書」を開催。映画館の大画面で作品などを投影しながら、どのようにして写真家としてのキャリアを積み重ねて来たかについてお話いただきました。

(撮影:中川潤)

(2)2019年9月~10月 原宿解体ビルでアートイベントの企画/運営
原宿にある築50年の解体前マンションにて「消えるアート」をテーマにしたアートイベント「破壊と創造」(主催:株式会社グリッジ)で天井やウォールペイントのアーティストや書道パフォーマーを手配。写真展「次世代に残したいコト、残したくないコト」のキュレーション。国内外約40名のアーティストに参加頂いた。

(3)2019年9月~11月 赤坂の料亭でアート展
松茸料理で知られる東京・赤坂の料亭赤坂「松葉屋本店」にて、芸術と食欲の秋を同時に満たしていただくための展示会をイワミズアサコ「秋の美味しいアート展」を開催。出展作家のイワミズアサコさんは日本の伝統工芸である木目込人形の技法を取り入れながら、様々な文様のファブリックを大胆に組み合わせ、伝統とポップアートを融合させた独自の世界観を表現。

(4)2021年8月~ 住宅展示場で現代アートの展示会を企画
パナソニックホームズ(株)の住宅展示場(「市川展示場」「幕張第二展示場」、「蒲田展示場」、「浜田山展示場」)で現代アートの展示会をキュレーション。