イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

【パフォーマンス】FOOTPRINTS (vol.14) 2日目≪満員御礼≫

11/18| 18:00 - 20:00

タップダンサー米澤一平が自らとは異なるジャンルのアーティストをゲストとして招き、40分間 のセッションを行います。小さな会場ならではの臨場感あふれるライブパフォーマンスをお楽しみください。

Produced by Ippei Yonezawa

【出演】
■ 米澤一平 / タップダンサー

スペシャルホスト
■ 鈴木ユキオ / ダンス

ゲストアーティスト
■ 3set) 青木尚哉 / ダンス
■ 4set) 水越朋 / ダンス

【時間】
3set) 開場 18:00 / 開演 18:10
4set) 開場 19:00 / 開演 19:10

【料金】
各回 1,000円(1DRINK付) + Donation (投げ銭制)
※ 各回8名程度で入場制限させて頂きます

【予約】
公演名・氏名・予約枚数を明記して、下記アドレスまでメールにてお申込みしてください。
info.i.yone.tap@gmail.com

【出演者のプロフィール】

■ 米澤一平(タップダンサー/アーティスト/プロデューサー)

‪1989年東京生まれ。タップダンスの持つプリミティブでミニマムな打楽器的音楽の性質や音やリズムを生み出す身体性に着目し、音、身体、空間を意識した独自のパフォーマンス表現を行う。

また異ジャンルの表現者たちとの異なる言語感を同じ空間内に共存させる実験的対話とそれらを鑑賞する場を作ることに、新たなコミュニケーションの可能性を感じ、タップダンスを他分野とクロスオーバーさせるセッションの場を企画し発表し続けている。

主な活動として、

さまざまな表現者と一対一で、それぞれとの固有のセッションの在り方を対話する実験的セッションイベントとして、四谷の隠れ家的JAZZ喫茶、綜合藝術茶房喫茶茶会記で「In The Zone」全84回2017-2020を企画。

2021年4月より日本橋のエスプレッソバールを併設したアートギャラリー「Double Tall Art & Espresso Bar」で、日常或いは日常の延長として、表現者たちによる異種表現を同居させたコミュニケーションを領域横断し、自身と他者との共存の在り方を思考し鑑賞させる場とするオルタナティブセッション「FOOTPRINTS」を企画する。

これまで音楽、ダンス、美術、サーカス、演劇、ヴィデオアート、メディアアート、パフォーミングアーツ等さまざまなジャンルなアーティスト達と、これまでに300以上のコラボレーションによる共同作品制作の発表や即興セッションを行い国内外で活動する。

経歴:
2013年 藤岡幸夫指揮 ・東京フィルハーモニー交響楽団スペシャル・コンサート『クラシックな休日を♪in 音楽堂』
2015年 水樹奈々アコースティックライブ出演

2019年 清水みなと大道芸2019 谷口界×市松×米澤一平
2019年 ストレンジシード2019 川村美紀子×米澤一平
2019年 第56回福岡市民芸術祭オープニングイベント現代サーカス『線香花火』出演
2019年 DANCE TRUCK2019 川村美紀子with米澤一平
2020年 砂と水玉『blue bird,black hole』出演
2020年 3331αART FAIR2020『タップが描く-tap×drawing』

2017-2020年 米澤一平主催企画『In The Zone2017-2020』vol.1-85
2021年 米澤一平主催企画『ARTERA』vol.1-2
2021年 米澤一平主催企画『FOOTPRINTS』vol.1-5

CM:
CANON EOS special movie『Tap on the Door』
2017年イトーヨーカドー『超・折り目キープスラックス』

鈴木ユキオ / ダンサー YUKIO SUZUKI projects 代表/振付家・ダンサー

(photo by Mateo Serna Zapata)

世界40都市を超える地域で活動を展開し、しなやかで繊細に、空間からはみだすような強靭な身体・ダンスは、多くの観客を魅了している。モデル、音楽家との共同制作、映像作品への出演、プロダンサーへの振付、子供や障害のある方へのワークショップなど、活動は多岐に渡る。 2008年トヨタコレオグラフィーアワード「次代を担う振付家賞」等受賞多数。www.suzu3.com

青木尚哉 / ダンサー

(photo by 木原丹)

東京都あきる野市生まれ。16才よりダンスを始める。加えて学んだボディーワークから 身体の構造を基とした自身のメソッド「ポイントワーク」を開発。各地でワークショップを開催。身体と空間の関係性に注目した舞台作品制作のほか、劇場外での表現活動にも積極的に取り組む。また近年は社会における「ダンスの活用」に視野を広げ、小学校への派遣授業や、地域公共ホールとのワークショップ公演なども手がける。ダンスグループzer○代表。

■ 水越朋 / ダンサー
(photo by Hideto Maezawa)
桜美林大学卒業。在学時より木佐貫邦子に師事。2014年よりソロダンス活動を開始し、以降、劇場・アートスペース・山村地域の民家など様々な場所で公演を行う。ソロダンス活動の他、笠井叡作品に多数出演、国内外のツアーに参加する。その他笠井瑞丈・上村なおか・北尾亘などの作品に出演。また自主企画の開催や演劇・モデル・映像作品の出演など自身のカラダで出来る表現を追い多岐にわたり活動。第二回ソロダンサフェスティバル2018最優秀賞受賞。

詳細

日付:
11/18
時間:
18:00 - 20:00

会場

Double Tall Art & Espresso Bar
中央区日本橋本町4-7-5, 東京都 103-0023 日本 + Google マップ
所在地

Double Tall – Art and Espresso Bar
(ダブルトール アート&エスプレッソバール)
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-7-5

電話:03-6265-1141