イベントを読み込み中

« イベント一覧

【パフォーマンス】ゴングセッション最終日「アレクサンドリアの大灯台」

2023/1/5| 18:00 - 21:00

¥2000

日本最大級の巨大ゴングを奏でるゴング・グループ「GIZA」(水谷翔、稲まえこ、金崎敬江、他)が様々な分野の表現者と繰り広げる実験的即興セッション。台本もリハーサルもない、初顔合わせ同士のパフォーマンス。アクシデントやハプニング上等、生のエネルギーにあふれる偶発的化学反応をお楽しみください。(イベントプロデュサー・服部雄二)

▼タイムスケジュール
開場   18:00
第1公演 18:50-19:30
休憩   19:30-20:10
第2公演 20:00-20:40

▼料金
2,000円 (ドリンクチケット2枚付き)+  投げ銭制
※ 「パフォーマンス予約券」を下記にてお申込みください。
※ 2公演合わせた料金です。途中入退場は可能ですが料金は変わりません。
※ ドリンクチケットは(コーヒー又はハイボールと交換可能です)
※ 速やかにご入場いただくため入場料のお支払いは現金(千円札2枚)でお願いします。(公演終了後の追加ドリンクやグッズなどの購入につきましては各種カード、電子マネー、QR決済をご利用いただけます)

▼予約

▼演者のプロフィール
ホスト: GIZA

GONG(ゴング・銅鑼)の振動で世界を変えていくチームです。魂がふるえるほどの感動と成長の機会を生み出し、人生をクリエイティブに生きるメンバーが結集しています。ビジョンは「振動による生命覚醒の喜びを伝播させる」。関わる全ての人々にポジティブなエネルギーを共振させ、笑顔と感動が溢れる社会の実現に貢献します。波長共鳴するメンバーが個性・強みを発揮し、知恵を磨き合うことでスキルを高め、新しくチャレンジングな企画を立案し、熱意を持ってアクションしています。古くて新しい体鳴楽器GONGが織りなす超絶振動の力は計り知れません。宇宙さながらの振動は細胞を揺らし、本来持つエネルギーを湧き上がらせ、無意識レベルで変容を促していきます。自らが輝くことで、周りを輝かせ、世界を輝かせていく。人々が可能性を信じ、能力を発揮できる機会を提供し、世界を革新していきます。これからのGIZAのチャレンジに期待してください。

第1公演ゲスト:久田 祐三 / フレームドラム奏者・制作者

1976年、三人兄弟の末子として東京・立川で生まれ育つ。野生動物写真家の父・久田雅夫の影響を受け、自らのライフワークを探求すべく2002年にサラリーマンを退社。約一ヶ月間滞在したタイで見た、インターナショナルドラムフェスティバルで世界の民族打楽器と舞踊を初体感。その後、沖縄竹富島で出会ったアフリカの打楽器・ジェンベに衝撃を受け、自身も日本各地の自然の中で叩き始める。国内旅行で出会った人々とのご縁から、東京都内の練習場でダンスとの即興セッションに傾倒し、2003年には舞踏家との初舞台を経験。以降は東南アジア・中央アジア・ペルシャ・アラブ・東欧・中世古楽・オリジナル等の音楽家と共演を重ねる。バンドやサポートなど様々な音楽活動を経て、フレームドラム・口琴・ダラブッカなどの民族打楽器を使った演奏スタイルを確立し、研鑽を積む。2015年、日本初のフレームドラム専門工房・音鼓知振を立ち上げ、楽器制作者としての活動も開始。現在は東京・立川を中心に、中世古楽アンサンブル”ビアッジェール”・自作楽器デュオ”サンピン”・民族打楽器トリオ”Sag Chana”等のグループやサポート・ソロでの演奏に加え、音鼓知振としても楽器制作・出店・レッスン・ワークショップ・有害駆除された鹿皮の有効活用などの活動を精力的に行っている。古代から続くリズムの根源と、我々現代人の日常生活にも寄り添える新たな打楽器の可能性を、演奏者と制作者の両面からボーダレスに探求中。

フレームドラム工房・音鼓知振
https://www.facebook.com/onkochishinframedrum
https://www.instagram.com/onkochishin_framedrum

 

第2公演ゲスト:米澤一平 / タップダンサー

タップダンスのプリミティブでミニマムな打楽器的音楽の性質や音やリズムを生み出す身体性に着目し、音、身体、空間を意識した独自のパフォーマンス表現を行う。また異ジャンルの表現者たちとの異なる言語感を同じ空間内に共存させる実験的対話とそれらを鑑賞する場を作ることに、新たなコミュニケーションの可能性を感じ、タップダンスを他分野とクロスオーバーさせるセッションの場を企画し発表し続けている。主な活動として、さまざまな表現者と一対一で、それぞれとの固有のセッションの在り方を対話する実験的セッションイベントとして、四谷の隠れ家的JAZZ喫茶、綜合藝術茶房喫茶茶会記で「In The Zone」全84回2017-2020を企画。2021年4月より日本橋のエスプレッソバールを併設したアートギャラリー「Double Tall Art & Espresso Bar」で、日常或いは日常の延長として、表現者たちによる異種表現を同居させたコミュニケーションを領域横断し、自身と他者との共存の在り方を思考し鑑賞させる場とするオルタナティブセッション「FOOTPRINTS」を企画する。これまで音楽、ダンス、美術、サーカス、演劇、ヴィデオアート、メディアアート、パフォーミングアーツ等さまざまなジャンルなアーティスト達と、これまでに300以上のコラボレーションによる共同作品制作の発表や即興セッションを行い国内外で活動する。

▼ 当店では以下の決済サービスをご利用いただけます。

 

詳細

日付:
2023/1/5
時間:
18:00 - 21:00
費用:
¥2000
イベントカテゴリー:

主催者

水谷翔

会場

Double Tall Art & Espresso Bar
中央区日本橋本町4-7-5, 東京都 103-0023 日本 + Google マップ
所在地

Double Tall – Art and Espresso Bar
(ダブルトール アート&エスプレッソバール)
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-7-5

電話:03-6265-1141